中性脂肪を下げる効果的な食事

■ 効果的な食事のとり方
中性脂肪を下げるには、まず、食べ過ぎないことが肝心です。でも、食べ過ぎを抑えるということは、食事の回数を減らしたり、食べ物の種類を減らすことではありません。1日の活動エネルギーとして3食をきちんととること、そして多種類の食品をとることを心がけましょう。その際、動物性脂肪や糖分を多く含む高エネルギーのものを控えて、低エネルギーの野菜や海藻、きのこなどを積極的にとるとよいでしょう。

【朝食のポイント】
脳の活動エネルギーとなるのは糖質。この糖質をたっぷり含むごはんやパンなどの主食をきちんととりましょう。食欲がないときや忙しいときはバナナなどの果物でもOKです。

【昼食のポイント】
ざるそばだけ、おにぎりだけでは栄養バランスがよくありません。すぐにお腹がすいて間食するはめに。外食なら、主食、主菜、副菜がそろった和風の定食スタイルに。できれば、バランスのとれたお弁当がおすすめです。

【夕食のポイント】
朝食、昼食でとれなかった栄養を夕食で補います。甘い物や果物などは夜に食べると中性脂肪を増やすのでやめましょう。

■ 脂質だけでなく炭水化物にも注意
脂質のとり過ぎはもちろん、炭水化物(糖質)のとり過ぎにも気をつけましょう。炭水化物はとりすぎると中性脂肪を増やしてしまいます。でも、重要なエネルギー源なので、極端に減らすのはよくありません。主食としての炭水化物は適量を毎食しっかりととるようにし、お菓子、ジュースなどの間食をできるだけしないようにしましょう。

■ 高中性脂肪を防ぐ食習慣
食べ過ぎと偏食、アルコールのとり過ぎは中性脂肪を増やします。肥満を防ぐためにも、以下の食習慣を心がけましょう。
・ 早食い、まとめ食い、ながら食いはしない
・ 深夜の飲食は避ける
・ 適正なエネルギー摂取をこころがける
・ 脂質や糖分のとり過ぎに気をつける
・ 食事は腹八分目に
・ アルコールは適度に

それと、摂取する脂肪の室を変えるのもとても良いんです。
花王の「エコナ」はその発想で作られた食用油ですが、実は、口溶けの良いチョコレートを作るにはどうしたらいいか?
と言う研究の成果として生まれたそうです。詳しくはこちら




★このサイトも参考にしました★
生活パターン改善のためのアドバイス
置き換えダイエットの後リバウンドしない方法
ダイエットと健康の大敵「中性脂肪」の上昇を抑制するお茶
アディポネクチンでメタボリック対策
お尻もお腹もキュッと引き締めてくれてるショーツ
posted by GANT at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。