ダイエットにはα波誘導の睡眠が必要です

寝不足だと集中力が低下したり、やる気が起こらなかったりしたりしてダイエットがうまくいかなるのもあるのですが、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」というものがダイエットにも関係してくるのです。

成長ホルモンというのは深い眠り(ノンレム睡眠)時に多く分泌されるもので、働きは名前のとおり成長にかかわるもので、骨の発達や筋肉が作られるのを促して体を成長させるホルモンです。そのほかに、代謝機能を促進したり、免疫力を高めたりします。

寝不足だと成長ホルモンが十分に分泌されず、代謝機能が落ちてしまうのです。なので、ダイエット中は十分に睡眠をとることが大事になってきます。寝不足になると肌の調子が悪くなるのもこ成長ホルモンの影響なのです。食事をしてから眠ると、成長ホルモンの分泌が低下するので、寝る前はなるべく食べないようにしましょう。

また、自分にあった寝具を選ぶのも大切です。自分に合わない寝具で寝ていると十分に疲れが取れなかったりします。なかなか寝付けないときや、眠りが浅かったり、起きてもまだ眠かったりだるいまたはどこか痛いような場合は、寝具を変えてみるのもいいと思います。

不眠症の多くは、悩みやストレス等のため脳が強いβ波に支配されています。眠りに入る事ができなかったり、質の悪い浅い眠りになってしまったり、目覚めがスッキリせず疲れが残ってしまうのはそのためです。


起きている時、脳はβ波状態にあります。眠るためにはまず脳にα波が発生し、リラックス状態にならなければなりません。
質の高い眠りに入るには、脳がα波状態になることが絶対不可欠で、この「熟睡シート」からは、それを最大に引き出す高レベルの活性光線が、α波(アルファ波)を誘導しイライラやストレスを解消!脳をリラックス状態にすることで、心地よい眠りへと導いてくれます。



<提携サイト>
ゲルマニウム・天然クロレラを豊富に含むアルカリイオン水
ダイエットに必要な睡眠にはα波が必要
微生物で腸内をキレイにしてダイエット効果を高める
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

posted by GANT at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラダづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。