ダイエット食事療法「カーブカウンティング」とは

 カーブ(カーボ)とは炭水化物の英語Carbohydrateの略で、食品成分のカーブだけをカウントする食事プランのことです。食事を始めて15分もすると血糖値が上がり始めます。ご飯や砂糖などの炭水化物はほぼ100%ブドウ糖(血糖)に分解されますが、タンパク質では約50%、脂肪は10%足らずがブドウ糖になる成分を含んでいます。

 しかも、タンパク質や脂肪からの糖新生はゆっくりと進むので、食後の血糖上昇はまず炭水化物によると考えていいのです。だったら炭水化物を計算して高血糖にならないように過不足なく摂取しようとするのは当然のことですね。

 糖尿病と食事の炭水化物の話になると、とかく血糖を上げる炭水化物を減らそうということになりがちですが、それは本来のカーブカウンティングの目的ではありません。

 圧倒的に多い2型糖尿病者の場合は、からだが分泌できるインスリンに見合うだけの炭水化物を摂取するために各食品の炭水化物成分に注意が必要です。注射するインスリンユニットと食事の炭水化物がグラム単位でバランスするシビアな1型糖尿病では、炭水化物をグラム単位で積算することが求められます。カーブカウンティングはこのためのテクニックなのです。


 摂取しすぎた糖分や炭水化物は脂肪として体内に蓄積されます。ガルシニアに含まれるHCA(ヒドロキシクエン酸)といわれる成分が、余分な糖分や炭水化物が脂肪にかわるのをブロックすることにより体内のエネルギーを活発にし、脂肪メラメラをサポートするといわれています。

 また、食欲というのは蓄積された糖質の量によって左右されるといわれています。ガルシニアを補給することで、余分なカロリーを燃やすための「グリコーゲン」(エネルギーとして燃えやすい形のブドウ糖)がつくられやすい状態がととのえられると期待されています。



<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし
posted by GANT at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラダづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。