食前デザートダイエットは成功率が高いんです

理屈は、「食前の甘いお菓子で癒しホルモン『セロトニン』を分泌してストレスを低下させることで大幅ダイエットを達成する。」と言うことです。

現代人の肥満の多くは、ストレスからくる過食が原因だと言われています。
さらに、ダイエットの食事制限でイライラがつのり、その反動で過食に走る、いわゆる「リバウンド」もその一つでしょう。ダイエットに必要なのは、心の管理であると言われています。
心理的な満足があれば適度な食事で安定した生活ができ、過食に陥らないと言うことですね。
この発想から生まれたのが【食前デザートダイエット】なんです。


食べた後の体の反応
(1)ダイエットの天敵と思われている甘いお菓子を食前に食べます。
(2)甘いものを食べると血糖値が上がり、血液中にブドウ糖が増えます。
(3)このブドウ糖にはセロトニンというホルモンの原料を脳内に運び込む働きがあります。
(4)セロトニンは「癒しのホルモン」なので、心を安定させる。
(5)ストレスが緩和され過食を防ぎ、ダイエット効果がでる。

どんな食べ方?
◎食事の30分前にデザートを食べる。20〜30分でブドウ糖が吸収され、セロトニンが出てくる。
◎食べるデザートの種類・・・甘ければ基本的に何でも可です。
◎食べる量・・・50〜70Kcalが目安(饅頭(小1個)、ショートケーキ3分の1、シュークリーム3分の1、カップゼリー1個、クッキー2枚、グミキャンデー4個)
◎水分と一緒に摂る・・・満腹感をアップ。特に無糖の炭酸水、苦めのコーヒー、紅茶、緑茶

どのくらいで効果がでる?
◎まず、1週間続けてみましょう。たいていの人は1Kg体重が減ると思います。もし、効果がでなければ、夕食時の炭水化物(ごはん、麺類、パン、芋類)を減らしてみます。

この方法は、小野村医院院長 小野村健太郎先生が提唱された方法で、ご自身も
104Kgあった体重が1年半で82Kgに、
ウェストが112Cm→88Cm、
体脂肪が28.7%→18.8%
になられたそうです。

4月から、メタボ診断が始まります。あなたも、やってみてはどうですか?



<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし


posted by GANT at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラダづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。