リバウンド防止は、肝臓と血流の肥満体要因を解消するのが一番

【痩せ体質の人】
  血流環境:サラサラ
  肝機能環境:脂毒の分解が活発

 だから・・・
 人間が本来持つ<痩せ機能>も活発に動作!

【肥満体質の人】
  血流環境:ドロドロ
  肝機能環境:脂毒の分解力低下

 だから・・・
  人間が本来持つ<痩せ機能>にも異変発生!

肥満体質の人に効果的と言われているのが、テレビでよく聞く「ポリフェノール」です。
特に、ぶどう種子エキスには、「ブドウレスベラトール」というポリフェノールが含まれていて、活性酸素を除去する働きがとても強いんですね。




レスベラトロールのサプリ:フーアーユー


 発ガン抑制物質であるレスベラトロールは、ブドウの葉から灰色かび病が発生したときに感染の拡大を防ぐ役割を果たすファイトアレキシンとして単離されました。レスベラトールはブドウ樹中には葉に最も多く、次いで果皮で、種子にも存在しますが、果肉中にはほとんどありません。また、赤系のブドウと白系のブドウとの間に含量の差はありませんが、ワインではレスベラトロール含量は赤ワインの方が白ワインより圧倒的に多く含まれています。

 研究では、レスベラトロールがカロリー抑制の働きを示し、DNAの安定性を増大し老化を遅らせる酵素を活性化させているそうです。
レスベラトロールはポリフェノールですが、際立った特徴があります。染色体に作用して長寿を可能にするポリフェノールとして知られていましたが、近年は肥満防止、心臓血管病、糖尿病、悪性腫瘍に有用との細胞レベルでの研究が進み、最も注目されている物質です。2006年11月には肥満を防止する研究がサイエンス誌に発表され話題となっています。
染色促進などに使用するスチルベン(stilbene)と呼ばれる化学物質があります。ギリシャ語で「輝く」という意味ですが、この水酸化派生体の一つにスチルベノイド(Stilbenoids)と呼ばれる物質があります。化学的にレスベラトロールはこのスチルベノイドです。
生化学的にはフラボノイドのクマリン、リグニンとともにフェニルプロパノイド代謝(Phenylpropanoid pathway)で誘導されます。フェニルプロパノイドは抗インフルエンザ・ウィルス薬タミフルを造るのに必要な シキミ酸を前躯体とします。

植物には病害虫、悪天候などから身を守るファイトアレキシン(フィトアレキシン)(phytoalexin)という物質がありますが、レスベラトロールはこの範疇に入ります。レスベラトロールとは総称で、炎症を防止するヴィニフェリン(viniferin)、配糖体のピセイド(piceid)なども含まれます。レスベラトロールはトランス、シスの二つの異性体で存在しますが、紫外線や熱によりシス型に変換して不安定になりますから活性を維持するのが難しい物質です。植物でトランス・レスベラトロールが最も多く含有されるのはぶどうの皮です。タデ科のイタドリにも含有されますがシス型が多いことで知られます。



<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし


posted by GANT at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。