ダイエット法は肥満遺伝子を調べて考えました

 同じような生活しているのに、「痩せの大食い」と「小食肥満」の人がいるのは何故か、どうしても気になっていました。

遺伝子が関係していたんです。





ダイエットを左右する「肥満遺伝子」があることは、数多くの研究機関(東京大学、京都大学、ケンブリッジ大学、北京大学、など)で実験がおこなわれ、肥満と遺伝子の関係性が確認されています。

肥満は、食習慣・運動習慣を含めた生活習慣と遺伝体質によって発生すると言われています。遺伝子型ダイエットは、27タイプの中から自分の遺伝子型を知り、適切なダイエット方法が実践可能となります。

遺伝子型ダイエットは普通の食事制限と違って、遺伝的体質から考えてあなたの場合、食べ物をどのように注意すればいいのかもわかります。今までダイエットに何度も失敗してきたような方におすすめなんです。

手軽で、安全に、しかも遺伝子分析ですので、一生に一回の検査で、自分の明確なダイエット法や健康管理の根拠が得られ、結果レポートはダイエットの目安としてずっと使えます。







★参考になる耳寄りサイト★
効率的なダイエット法は、まず肥満遺伝子を調べることから!
中性脂肪抑制にゴーヤ茶を飲んでます!
日本人の食生活と肥満傾向向けのメタボ対策!
>麗減黒茶は日本人の食生活と肥満傾向向けのメタボ対策
>お腹スッキリ!植物性乳酸菌のチカラ
>肥満遺伝子をチェックしてダイエット計画
>ポッコリお腹は体脂肪燃焼の前に老廃物排出が必要だったんです
脂肪排出で食べながら効率的にダイエット



posted by GANT at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79091181

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。