バストアップは体内と体外両方からのケアが必要



ごく当たり前のことだと思いますが、当然お手入れやトレーニングもしないで放っておけば、年齢と共にバストが下がってきてしまいます。
大胸筋を鍛えてバストの脂肪組織を持ち上げることはできても、皮膚が弾力を失ってたるんでいてはバストを支えることはできません。
つまり大胸筋と皮膚の張りがバストの美しさをつかさどっているのです。 これらの美しさを保つためには、乳腺の発達、肌(皮膚)のケア、大胸筋のトレーニングが大切です。
更に、乳腺の発達に大きく関わっているのが「エストロゲン」(卵胞ホルモン)、「プロゲステロン」(黄体ホルモン)です。この女性ホルモンが身体の内側から、女性のバストを支配していると言っても過言ではありません。 当然、ホルモンバランスが崩れるとバストにも悪影響が出てしまいます。

だから、「内と外」両方から手入れが必要なんです。若いうちから始めたいですね。


内から
 ローヤルゼリー、コラーゲン、大豆胚芽抽出物、ザクロエキス末、ナイアシン、ビタミン、パントテン酸、葉酸など栄養バランスを補う成分を摂取することが大切です。抗酸化作用を持つビタミンCも大事。

 さらに、古くから「女性の悩み」を解消する民間食として使用されてきた、プエラリア・ミリフィカ、ジャムウガリアンと、クレオパトラが愛用したといわれ、現在でもインドや中東、北アフリカで「魅力的なハーブ」と多くの女性に人気の”フェヌグリーク”も摂りたいですね。

外から
 水溶性コラーゲンやコンドロイチンが乳房皮膚にハリを与え、うるおいを保ちます。マッサージするように塗り込むといいそうです。
 これらを同時に取り組めるプログラムを見つけました。知っている人もいると思いますが、念のために・・・・・。





※耳寄り情報サイト※
バストアップは体内と体外両方からのケアが必要
◆下半身が痩せにくい理由
◆ダイエットでバストまで細くなっちゃった!
◆ダイエット中の肌の手入れ
◆ダイエット中の肌の手入れ
◆運動不足の解消法、加圧トレーニング
◆つけてるだけでバストアップ!シリコンカップ&美肌・美乳ジェル


posted by GANT at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | ボディケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バストアップは体内と体外両方からのケアが必要
Excerpt: ごく当たり前のことだと思いますが、当然お手入れやトレーニングもしないで放っておけば、年齢と共にバストが下がってきてしまいます。大胸筋を鍛えてバストの脂肪組織を持ち上げることはできても、皮膚が弾力を失っ..
Weblog: ★太るしくみと太らない秘訣★あなたのダイエットを検証
Tracked: 2007-11-25 12:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。