ディゾルブダイエットで脂肪細胞を撃退!!

 ディゾルブに含まれている新成分は痩身美容学会注目の貴重成分【FCD溶液】です。
 これは美容医学最先端のアメリカで発表された、今までのダイエットとは根本から違う革新的な成分です。

 フォスファチジルコリン・L‐カルチニン・カフェインを主原料としたもので、脂肪に働きかけるのではなく、 脂肪を貯めている脂肪細胞を破壊して脂肪と一緒に細胞自体をなくしていきます。


 脂肪細胞が壊された脂肪は行き場がなくなり、血中に放出され肝臓で処理されて尿や便として排出されてしまいます。脂肪細胞がなくなった後は、死亡の保管場所がないので必要量以外の脂肪は体に残ることが出来ず残らず排出されてしまうのです。

ということは・・・リバウンドないってこと?
この革新的な成分を使って日本でも発売が出来るようにと製薬会社が日本人向けに開発したダイエットサプリです。


フォスファチジルコリンとは
 フォスファチジルコリンとは油を超微少の粒に砕いて、水に溶け込む形にしてくれる天然の乳化剤です。米国L.ポーリング研究所のJ.ブランド博士は「フォスファチジルコリンを30%以上含んだレシチンは末梢神経系のアセチルコリンのレベルを高める事が確かめられており、各種疾患を改善してくれる」と述べています。
大豆から抽出した天然のもので、フォスファチジルコリンの含有率が30%以上の製品でないと、その効果は期待できません。

『L-カルチニン』とは
 栄養素や体脂肪を燃焼させるための重要なパイプラインです。
「L-カルチニン」はアミノ酸の一種で、様々な栄養素や体脂肪をエネルギー源として燃やす為に細胞内のミトコンドリアへ運ぶ働きを持っています。

カフェイン
 カフェインは、利尿作用で有名ですね。分解した脂肪を尿として体外排出を促進します。



<提携サイト>
そのダイエット、間違ってます。危ないですよ!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
正しく無理しないダイエットでリバウンドなし

posted by GANT at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | カラダづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

脂肪細胞を破壊するディゾルブダイエットの威力
Excerpt:  ディゾルブに含まれている新成分は痩身美容学会注目の貴重成分【FCD溶液】です。
Weblog: 健康なダイエットでナイト
Tracked: 2007-10-17 15:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。