肥満遺伝子のタイプを調べると無駄な努力が不要です

日本人は、食料の少ない時代を生き抜いてきた民族であるため、その中で獲得した遺伝子が倹約遺伝子という栄養を脂肪として蓄えるための遺伝子を持っているのです。これが現代では、肥満遺伝子と言われています。

元々日本人は、GI値の低い食品を摂ってきたんですが、最近の食の欧米化で、血糖値が早く上がってしまう食品を多く食べるようになって、肥満に悩まされる人が増えてきたそうです。
 見渡しても、メタボさんが多いこと!!

その肥満遺伝子には、主に3タイプに分けられます。


リンゴ型肥満(β3AR:ベータ・スリー・アドレナリン受容体)、洋ナシ形肥満(UCP1:脱共役たんぱく質1)、バナナ型肥満(β2AR:ベータ・ツー・アドレナリン受容体)の3タイプです。これら遺伝子が、太る原因も左右しています。

質問に答えながら自分の肥満遺伝子タイプをみてみますか?


リンゴ(お腹ポッコリ)型肥満(β3AR:ベータ・スリー・アドレナリン受容体)
 リンゴ型の肥満タイプの人は、「炭水化物や糖分を代謝するのが苦手」。内臓脂肪がつきやすく、ウエストから太るタイプ。日本人に最も多いタイプの太り方です。

洋ナシ(セルライト)型肥満(UCP1:脱共役たんぱく質1)
 「脂肪の代謝が苦手」なので、脂肪で太りやすい。下半身太りでむくみ、下腹、お尻、太ももにセルライトが出来やすいタイプ。

バナナ(今やせ不安)型肥満(β2AR:ベータ・ツー・アドレナリン受容体)
 今はやせていても筋肉が少ないため、一旦太るととめどなく太るタイプ。筋肉をつけるために日ごろから筋肉をつける必要があります。


爪を検査して肥満遺伝子を調べる方法もあります。DNA SLIM





<提携サイト>
効率的なダイエット法は、まず肥満遺伝子を調べることから!
基礎代謝アップでエイジングコントロールと美容を!
健康なダイエットでナイト
脂肪排出で食べながら効率的にダイエット
定期検診まで待てない人に郵送検診

posted by GANT at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(3) | 遺伝子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49075130

この記事へのトラックバック

リンゴ型肥満の人向けのサプリ
Excerpt: 日本人は、食料の少ない時代を生き抜いてきた民族であるため、その中で獲得した遺伝子が倹約遺伝子という栄養を脂肪として蓄えるための遺伝子を持っているのです。これが現代では、肥満遺伝子と言われています。その..
Weblog: 基礎代謝をアップしてエイジングコントロールと美容を!
Tracked: 2007-07-24 16:38


Excerpt: 日本人は、食料の少ない時代を生き抜いてきた民族であるため、その中で獲得した遺伝子
Weblog: 健康なダイエットでナイト
Tracked: 2007-07-24 17:05

ベータ・スリー・アドレナリンって何?
Excerpt: 日本人は、食料の少ない時代を生き抜いてきた民族であるため、その中で獲得した遺伝子
Weblog: 健康なダイエットでナイト
Tracked: 2007-09-19 21:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。