糖の吸収を制御!!エルカンプーレに期待!

■エルカンプーレとは?
 エルカンプーレは主にペルーの標高3500mから4000mのアンデス高地のプナと呼ばれる寒冷な荒地に自生しているリンドウ科リンドウ属の双子葉植物で、地上部位(全草)が使用されております。
エルカンプーレの語源はケチュア語で“町から町を歩いて移動する(インカ帝国時代は「往診する医者」のことを指していました)”という意味で、ペルーでは古来より珍重されてきました。古代文明の遺跡から発掘された土器や織物の多くには、エルカンプーレと一緒に痩せた女性が描かれており、欧米諸国でも関心が持たれています。
またエルカンプーレは様々な事柄に利用されており、ペルーでは近年、最も人気のある植物です。
エルカンプーレはαリポ酸やLカルニチンに続き、今最も注目されるダイエット成分なんです。

■エルカンプーレの成分
 エルカンプーレの含有成分としては、苦味成分のセコイリドイド配糖体(苦味配糖体、ゲンチオピクリン、アマロゲンチンなど)。
フラボノイド類、ゲンチアニン、ゲンチジン酸の存在が認められています。
その他アルカロイド類、タンニン、サポニンなどが知られています。
しかし、現在キサントン骨格を持つマンジフェリン、ペリディフォリン等キサントン誘導体が主成分と考えられています。

エルカンプーレの働きはたくさん
※活性酸素の害を抑える働きをサポート
※血糖値の上昇を抑える働きをサポート
※マンジフィリンで、体脂肪のコントロールをサポート
※コレステロールの正常化をサポート

等々です。


このうち、ダイエットに大きな影響があるのがマンジフィリンです。
体脂肪のコントロールをサポートします。
今、エルカンプーレに含まれるなマンジフィリンの糖の吸収を阻害する働きが注目されています。
このことは、血糖値の上昇を抑えたり、内臓脂肪がたまるのを防ぐうえで大いに役立ち、生活習慣病(メタボリックシンドローム)の予防に予防に働く大きな原動力になるのです


さらに、エルカンプーレにはダイエット以外の働きも……。
メラニン活性阻害率や抗酸化力も高く、白肌化やサビ肌対策にも◎。試しに、まっぷたつに切ったリンゴにエルカンプーレを塗り、そのまま放置したところ、10時間経っても瑞々しいままだったんです。一方、男性陣への朗報は、ずばり『毛』。活発過ぎる男性ホルモンにブレーキをかける働きもあり、ウスウス状態をフサフサ状態へと変えてくれるんですって。「

注目★ウワサのUCP活性理論とは?★


このサイトも必見!!
柿渋石鹸が加齢臭に効く理由
パジャマで痩せる!メリハリBODYダイエット
エステに行かずセルライトを落とす脂肪融解
巻いて踏む!骨盤矯正ダイエット
お風呂でダイエット・・・だけでなく体臭、加齢臭防止、美肌にも!





posted by GANT at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラダづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112939129

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。