バストアップの定番「プエラリア」の力

バストアップの方法は基本的に次の二つです。
A 運動(バストアップ エクササイズ)
主に大胸筋を鍛える。大胸筋を鍛えるエクササイズは、胸の前で両手を合わせ、両手の親指側に力を入れて、両手を押し合うバストアップエクササイズです。
 ペットボトルを使用した運動などが話題になりました。ペットボトルの重量は、軽すぎず、重すぎないようにします。軽すぎると効果は出にくいですし、重すぎると腕を痛めてしまうので無理は禁物です。重量は、ご自身で調整して下さい。
 1 仰向けに寝転がり、膝を立てます。手にダンベル、又はペットボトルを持ち、腕を直角になるようにします。
 2 息を吐きながら、胸の前方へ押し上げるように腕を上げます。
   この時、胸のあたりを意識しながら行って下さい。
 3 息を吸いながら、1の状態に戻します。
これを10回×3セット、そんなに出来ないという方は、1回でも2回でもよいので、出来る範囲から始めて下さい。続けて行くうちに、回数をこなせるようになります。


B サプリメント
 バストアップサプリメントの有名な成分として、「大豆イソフラボン」「プエラリア」です。 特に「プエラリア」は、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれており、含有量は大豆のほぼ40倍にも達します。
 イギリスの学術雑誌『Nature』において“プエラリア・ミリフィカには「プエラリン」という美乳効果をもつ成分(大豆イソフラボンにはほとんどない)が多く含まれる”との趣旨が発表され注目されました。
 一般には“白”の多くが「ガウクルア」とも表記され、サプリメントとして市販されています。最近では、更年期障害に対しても効果があると言われています。

 サプリメントも多く発売されています。1のバストアップエクササイズと並行して進めると効果的ですよ。









 ただし過剰摂取は副作用の可能性があるので注意が必要です。



★提携サイトの耳寄り情報★
◆可愛い♪メリハリBODYダイエットパジャマ
◆脂肪の気になる方のためのバスタイム
◆ババシャツって、こんなに可愛かった?
◆ゲルマ入りお尻アップ「燃えるショーツ」って売れてますね
◆燃えるショーツ!ゲルマ入りお尻アップショーツ
◆お尻もお腹もキュッと引き締めてくれてるショーツ

posted by GANT at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラダづくり

老化の原因活性酸素を無害化する「抗酸化酵素」の減少

人間は酸素でエネルギーを生み出しながら生きています。同時に、これが「老いのプロセス」なんです。
地球上に酸素ができ、それを味方につけた生物は、エネルギーとともに「老い」も手に入れてしまいました。活発な細胞分裂で死期を早めてしまったと思われています。

原因は活性酸素という物質。体内で利用された酸素はフリーラジカル(自由な過激分子)の一種で不安定な活性酸素という分子になります。電子が一つしかなくて安定しないのです。

安定するために、電子を細胞から奪い、取られた細胞は、他の細胞から電子を奪うという悪循環が連鎖的に起きます。これが「酸化」であり、体内から「錆び付く」現象なのです。

実は歯周病はこの「活性酸素」を大量に生み出す原因です。歯周病菌が体内にはいり、白血球と戦って炎症を起こして活性酸素を生じます。

この活性酸素への対抗手段が「抗酸化酵素」で若いときにはたくさんつくられるんですが、年齢とともに少なくなってしまいます。
40歳代から歯周病が急に増えるのも説明がつきますね。
「活性酸素」が歯周病菌を増殖させる元凶なんです。

動脈硬化や糖尿病も同じ「活性酸素」からエネルギーを得て発症する仕組みです。



<体脂肪燃焼情報>
◆血管のクレンジング、デトックスと燃焼系を同時にやって短期決戦
◆究極のメタボ対策は「よく噛んで、ゆっくり食べる」
◆生活パターン改善のためのアドバイス
◆血流が悪い人に多い下半身太り
◆効率的に体脂肪を減らす食事法
◆肥満のタイプ りんご型肥満・洋なし型肥満
◆「なめるだけ」フーディアダイエットキャンディ

posted by GANT at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全身ケア

たくさん食べて運動は少しだけ

実は、ダイエットのポイントとは、食べる回数を減らすことでも、たくさん運動することでもなかったのです。(今までつらい絶食やきつい運動で苦労していた皆さん、ごめんなさい。)
では、そのポイントとは何かというと・・・「代謝」だったのです。

たくさん食べて運動は少しだけ

たくさん食べて運動は少しだけ

その人の代謝が測定できる、体重計のような形をした機械があるのですが、それに乗ると、私の代謝量の値は平均よりもはるかに高いのです。
「代謝」量が人よりも高いから、同じだけ食べたとしてもすぐにエネルギーとして体内で燃やされ、脂肪として蓄積することがなかったのです。
もしあなたの体が、食べているときも、くつろいでいるときも、そして寝ているときでさえも、食べたものを燃やし続けてくれるとしたら・・・。

そう。当然、1日に6回の食事を摂ったとしても、運動をわずかしかしなかったとしても、やせることは簡単なのです。
今まであなたは、ダイエットのときに、代謝をアップし、「常に脂肪を燃焼させる」ことを意識してきましたか?




<体脂肪燃焼情報>
◆血管のクレンジング、デトックスと燃焼系を同時にやって短期決戦
◆究極のメタボ対策は「よく噛んで、ゆっくり食べる」
◆生活パターン改善のためのアドバイス
◆血流が悪い人に多い下半身太り
◆効率的に体脂肪を減らす食事法
◆肥満のタイプ りんご型肥満・洋なし型肥満
◆「なめるだけ」フーディアダイエットキャンディ
posted by GANT at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラダづくり

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。